SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中東都市に軍はいかに対すべきか
出典 combat study institute
URL 省略
日時 2004年
原題 Transitons, changes, and challenges:military operations and the Middle Eastern city
筆者 DiMarco, Louis A 機甲将校 FM3-0.6 Urban Operation(2002)の
著者
他掲載媒体 不明
発信地 不明
内容
まず、中東の都市を模式化したものとしてイスラムモデル、Zeiglerモデル、多核モデルをとりあげる。イスラムモデルは中東の都市におけるイスラム教の影響と伝統を強くみる見方で都市宗教としてイスラム法が都市の生活の細部にまで様々な基準となって構造を規定しているとする。

 Zeiglerモデルは中東の都市の歴史的変遷に伴い、城砦、旧市街、新市街/植民地都市、現代都市/ポストコロニアル都市、都市拡大地域/将来都市が偏心状に包含しつつ発展し、城砦から都市拡大地域へと社会変移、住居変移、
商業変移、輸送変移が進んでいるとするもの。

 イスラムモデルは特に旧市街における都市構造、モスクとスークを両軸として現在まで続く都市の小街区構造把握に優れるとし、Zeiglerモデルは
都市の歴史的推移を踏まえているが、地理的な要素の把握が不十分とする。

 多核モデルは伝統的な中東都市が1960年代の石油の富による都市改造や
1980年代の人口急増と都市流入を受けて新たな様相を呈したのを論じる土台として本論で使われている。旧市街を中心商業地区を持つ植民地都市が外側から包む都市の各所に低層階級住居地区、近代工業地区、中層階級住居地区、中層および上層階級住居地区、不法住居地区、空港などが内外に散在し、各住居地区はそれぞれモスクを核とするというもの。

 都市の立地および成立、発展に影響を与えた諸要素としては、水資源の入手性、陸上交易経路の網、宗教上の施設、西欧の植民地統治をまず指摘。

 ついで都市の構造においてモスクとこれを中心とする複合施設(イスラム学院、病院、救貧所)に公衆風呂と市場が街区の中核となっており、金曜礼拝の行われるモスクが都市全体において政治と民衆を結合する場となっていると
指摘。宗教指導者が西欧の行政官僚に代替する存在として機能していたとする。また、伝統的な中庭住宅の構造と各室の機能をエジプト、シリアなどの例をひきつつ紹介する。

 その後、石油の富と人口急増と都市への人口流入による変貌について
話は進む。石油産業の隆盛により海港都市(石油積み出し、および食料輸入港)が発達し、国内に多数の外国人労働者を抱えることとなったこと、これは中東での戦争(各中東戦争、イランイラク戦争、レバノン内戦、湾岸戦争など)での人口移動とあいまって都市内に所得階層に基づいてまとまった街区
を作り出している。従来の街区は地方での地縁、血縁、宗派、拡大家族、手工芸の職人などの縁でまとまっていたのにたいして、階層や工業毎にまとまっての街区が発生したことにより、従来の社会的規範による自治が消失した。また、都市改造により旧市街が消滅した都市もあり、宗教規範を統べるモスクが都市郊外、往々にして低層階級住居地区へと移っている。
 これは過激な宗教傾向の温床ともなっている。そして、統治者は西欧住宅を導入したこともあいまって、伝統主義的な立場からの反発を生む土壌とも
なっている。

 中東の都市で軍事作戦を行う場合は従来のイスラム教を屋台骨とする
規範を都市全体、小街区で統べるモスクの宗教指導者の意向を知り、これに
働きかけること、また人口急増と流入による都市問題へ何らかの対処を示すこと、西欧都市における戦術、戦技、手順のみならず中東都市の構造に対応
したそれを開発することなどが必要であると結論している。
スポンサーサイト
米議会向け国防総省の四半期毎報告書発表される
出典 DoD
URL http://www.defenselink.mil/pubs/iraq_measures.html
http://www.defenselink.mil/pubs/pdfs/Security-Stabilty-ReportAug29r1.pdf
原題 Report to Congress:
Measuring Stability and Security in Iraq
日時 2006年8月
筆者 
他掲載媒体
発信地
内容 読み半ば
前半で司法、経済、治安状況をイラク政府の現況と取り組みをひきつつ描写。後半ではイラク治安部隊の自立、育成状況について触れる。
議会関係者向け機密版では今後の米軍部隊の派遣計画などについても
触れていると要旨では説明している。
 バグダッド治安強化計画について触れた箇所では第172SBCTの派遣期間延長が触れられている。
なぜ強者は弱者に敗れるのか
出典 parameter 2005-6 winter
URL http://www.army.mil/professionalwriting/volumes/volume4/january_2006/1_06_3.html

http://carlisle-www.army.mil/usawc/Parameters/05winter/record.htm
原題 Why the Strong Lose
筆者 Jeffrey Record
日時 2005年-6年冬季号
発信地 不明
内容 対内乱戦において内乱者と対内乱側を事例を簡潔に引きつつ
共通要素を通時的に纏める。ついでイラク戦争において対内乱作戦への移行が出来なかった原因を様々に探る。


MG267-1 Network-Centric Operations Case Study The Stryker Brigade Combat Team
出典 Rand
URL http://www.rand.org/publications/MG/MG267-1/
原題 Network-Centric Operations Case Study
The Stryker Brigade Combat Team
日時 2005年
筆者
Daniel Gonzales, Michael Johnson, Jimmie McEver,
Dennis Leedom, Gina Kingston, Michael Tseng
所在地 カリフォルニア州サンタモニカ
内容 未読。序言によるとNCW(ネットワーク戦)によりSBCTの有効性と生残性に影響があるかを論じている模様。
目次を見た限りでは事例研究はJRTC(仮想敵対抗演習場)での演習が使われている模様。比較対象は軽歩兵旅団の模様。
Iraq Syndrome
出典 NY times Foreign Affairs
URL http://www.nytimes.com/cfr/international/20051101faessay_v84n6_mueller.html
原題 Iraq Syndorome
日時 2005年11月号・12月号
筆者  JOHN MUELLER
発信地 無し
内容 イラク戦争への米世論での支持率の長期的低下傾向の原因を
朝鮮戦争、ベトナム戦争と比較しつつ探る。定かな勝利が定義されそれへ進んでいるという評価が得られない限り続くと見る。
アブグレイブ捕虜虐待疑惑、2005年1月末の総選挙成功の報などが
支持率上では一過性であることという指摘が面白かった。
また、この号の巻頭ではイラクがかつてソヴィエト侵攻時のアフガンのようにイスラム教のテロリストの養成所となり、いずれは隣接国や
世界へイラクを同窓の地とするテロリストが輸出されるとみている。
Reshaping the Expeditionary Army to Win Decisively:the Case for Greater Stabilization capacity in the Modular Force
出典 army war college SSI
URL 略
原題Reshaping the Expeditionary Army to Win Decisively: The Case for Greater Stabilization capacity in the Modular Force
筆者 Bryan G Watson大佐
日時 2005年8月
内容
サイトでの紹介を訳す
筆者は合州国の戦略は米軍事力が戦闘作戦と同時に安定作戦を遂行できる能力の強化を求めていると論じる。安定化活動の必要を戦略的文脈で位置づけ、”漸増安定化(progressive stabilization"という戦闘構想を提示し、陸軍が現在進めている規格化戦力(Modular Force)への取り組みにより適切な型の戦力が形成されるか考察。結論ではより適切な戦力を作るに現行の近代化への取り組みを修正すべきとして提言を行っている。
how to win in Iraq
出典 foreign affiars
URL http://www.foreignaffairs.org/20050901faessay84508-p0/andrew-f-krepinevich-jr/how-to-win-in-iraq.html
原題 How to Win in Iraq
筆者 Andrew F. Krepinevich, Jr.
掲載号  2005年9月・10月号
発信地 無し
内容 従来のシーア派アラブ、クルド人、スンニ派アラブよりも
一段掘り下げた150余ある部族を掌握した上での部族大団結、つまり
部族分割統治と、情報収集能力の強化のため安全地帯への戦力集中と
治安の確保による情報提供の促進、安全地帯外での特殊部隊の運用などを提案している。
米中関係における日本の価値をみる論文
出典 Institute for Corean-American Studies, Inc.
URL http://icasinc.org/2003/2003l/2003lrxl.html#rn18
原題 Japan as the ‘New South Korea’?
筆者 Robyn Lim Janet
日時 2003年3月5日が初出
発信地 初出は編者によると the U S-Japan Alliance Seminar, hosted by Japan Center for Global Partnership
内容 冷戦後の東アジアにおいて米国はこれまで以上に自由に行動する
余地を得ているとの前提をもとに日米同盟の米国における価値は中国に
対して協調路線を取る報奨を与えつつの硬軟の使い分けに際して、これまで
韓国が担ってきた位置を引き継ぐ存在とみる。
 韓国の米国に対する姿勢変化については金大中の太陽政策の韓国国内へ様々な影響を中心に説明。

#月刊誌 軍事研究 にて石川巌が度々取り上げている論文はおそらくこれ
だと思う。
合州国政府の安定、支援作戦能力の全体見直しを提言
出典 Council on foreign relations
URL http://www.cfr.org/publication.php?id=8269
原題 In the Wake of War: Improving U.S. Post-Conflict Capabilities
日時 2005年7月27日
筆者 Samuel R. BergerとBrent Scowcroftを座長とする独立調査会
内容 国連を活用する戦後復興能力の整備、国務省、国防総省、USAID
などにわたる官庁間での業務見直しと調整、などを提言。
ある海兵の遠征復興隊構想
出典 marine corps gazette
URL http://www.mca-marines.org/Gazette/2005/05rohr.html
原題 Intervention and Nation Building in Expeditionary Maneuver Warfare
筆者 Karl C. Rohr少佐
日時 2005年7月の同月号webに掲載
内容 MEB(#訳注 海兵遠征旅団 MEU2個からなる)下に遠征復興隊を
設け、偶発事態に対して介入から退出まで同隊の活動を中心に流れを想定。
合州国陸軍の規格化について
出典 CRS report for Cngress RL32476
URL 原題でググルこと
原題 U.S.Army's Modular Redesign:iSuue for Congress
筆者 議会調査局 (Congressional Research Service The Library of Congress)
Andrew Feickert、Specialist in National Defense
Foreign Affairs, Defense, and Trade Division
日時 2005年5月20日
発信地 不明
内容 議会の論点となりうるかという視点から陸軍の規格化の動きを纏めた報告書
MG 362
出典 RAND org
URL http://www.rand.org/publications/MG/MG362/index.html
原題 Stretched Thin
Army Forces for Sustained Operations
日時 2005年7月
筆者
Lynn Davis
J. Michael Polich
William M. Hix
Michael Greenberg
Stephen Brady
Ronald E. Sortor
内容 イラク、アフガニスタンへの陸軍旅団駐留(特に11個重中旅団、5個歩兵旅団で16個旅団の場合を詳細に)を持続的に行うための方策を検討。陸軍の現役、州兵旅団のみに
範囲を絞り海兵隊連隊は含めていない。陸軍現役旅団が3年に1度、1年の
展開でローテーションを組むための方策を探る。3年に1度1年の基準は
通常戦争での練度を旅団が維持し、別の偶発事態に備える旅団数を保ち、
現在進められているunit manningの3年周期と一致させ、軍人および家族の福利などから導かれている。
 結論では複数の選択肢があるとして提示。
・2個旅団(欧州と韓国に1個ずつ)常時駐留させつつ、16個をローテーションするには、予定されている43個旅団への拡張からさらに現役旅団7個創設する
・州兵旅団の変革にあたり歩兵旅団への転換をやめ現役と同等の重旅団へと
改編する
・現役、州兵旅団の重中旅団、歩兵旅団の別なくローテーションに組み込む
など。
 短期的には
・現役歩兵旅団に装備を増強し重中旅団を代替する
・増強独立旅団以外の州兵重旅団(師団内重旅団)をローテーションに加える
(増強独立旅団は8個 師団内重旅団は3個)
・州兵旅団の動員後訓練期間を短縮する(現在6ヶ月で任務可能へ仕上げているが、例えばこれを4ヶ月に短縮する。)
Bacevich

出典 NDU INSS
原題 Pentomic Era
筆者 A.J. Bacevich中佐

内容 アイゼンハワー政権時代の政権のNew Look政策、
大量報復戦略と陸軍の存在の意義を巡る陸軍指導者層の苦闘。
戦略核を否定しつつミサイルと戦術核の開発に努力を傾注する
に至る経緯。ペントミック師団の編成と批判。
世界秩序を維持する介入軍としての立場を米国政治の話法に
おいて確立することの意義を説く。
Scales

出典 MR 2005 Jan Feb
原題  Urban Warfare:A Soldier’s View
筆者 Robert H. Scales合州国陸軍少将(退役)

内容 陸軍、海兵を通じて直接近接戦闘に従事する歩兵の数が
僅かであること、米軍の弱点は米兵の損害にあること、イラクの
重心はイラクの民心にあることを指摘。歩兵の都市戦闘において
今後努力を傾注すべき分野それぞれを考察。システム開発において
歩兵が直接関与する分野に一層資源を割り当てることを主張。
Mixon
出典
Mixson cgsc sams 1988
表題
Light and Heavy forces in a desert environment
Considerations for employments in defensive operations
著者
Benjamin R. Mixon少佐 歩兵

内容
北アフリカ戦線のトブルク、エルアラメイン、シディーブーサイード、
第3次中東戦争と第4次中東戦争のシナイ半島とNTCでの軽重部隊
による演習をもとに防勢における軽部隊の運用を考察。
トブルクの防御成功などをもとにlodgement areaの防御には
軽歩兵師団1個も考えられるとする。
また、機甲部隊の反撃を支える強化拠点には軽歩兵旅団1個
とりわけ軍団下の独立歩兵旅団が任務編成により重部隊の統制下で
作戦するのが補給上などから良いという感触。

#第1次湾岸戦争の前に書かれた内容で展開拠点地域(lodgement area)の防御という話が出ていたのは面白かった。
DoD inspector 04-102

出典 DoD inspector 04-102
表題 Contracting for and Performance of the C-130J Aircraft

内容 C-130Jの契約は商用機をわずかの改造で購入するという
ものであったが、実際には機体の開発が未熟であり、各軍の各型
配備部隊の運用状態に大きな支障が出ている。

#C-130Jは装甲C-130H以上に貨物輸送能力が高いはずであり
ストライカーの戦域内輸送をする可能性もあるはずでした。
FY2006予算での扱いについては良い話がありませぬ。
2002 tea hsv

出典 tea Oct 2002
表題JOINT VENTURE (HSV-X1)
TRANSPORTABILITY ANALYSIS OF VESSEL LOADING
DURING MILLENNIUM CHALLENGE 2002
Port Hueneme, California, to Port of Tacoma, Washington
(11 Thru 13 August 2002)
29 OCTOBER 2002

内容 ミレニアムチャレンジ2002にてHSVにストライカー1個中隊を
搭載し、カリフォルニア州からワシントン州タコマ港まで輸送した
実験の報告。

搭載車両
ストライカー歩兵輸送車 14両
M1083トラック MTV 2両
M149A2 清水トレーラー 2両
M984A1 レッカー車 1両
M998A1 ハマー 4両
M966 ハマー 3両
M1101 3/4t貨物トレーラー 1両
M1102 1 1/4t貨物トレーラー 1両

航行距離 1200マイル 航行時間 41.5時間 平均時速29knot

#1個中隊といってもストライカーは歩兵輸送車14両のみ。
MGS(ATGMで代替)3両、医務後送車1両、迫撃砲車2両などを含めた数
ではない。
いろいろ

暫定騎兵の話は一旦置いといて
軍事の変革、ストライカーに見られる情報化と
内乱との関係についてちょっと調べています。

John Naglという人が内乱関係では度々出て来ます。
http://psychoanalystsopposewar.org/resources_files/Professor_Nagls_War.html
とりあえず一番新しそうなこの分野はAWCの2004年11月みたいです。
ここは一昨年もテロとの戦争について扱った論文を出して
新聞記事にもなりました。

#小松+モワク=ストライカー+40mmCTWSの話が
いま書店に出ている軍事研究にチラッと出てきます。これまで
書いていた人とは名前は別ですが。
 たぶん、問題は車両自体でなく、ストライカーの搭載している
情報システム全体にあります。ストライカーは指揮統制、情報、
砲兵、その他の情報端末でもあるので、車両の導入には留まらない
のでしょう。
Moilanen
出典 MR 1992 Oct
表題 the Light Cavalry Regiment in contingency operations

Littelにて参考文献として結論部などで多く引用される。
LAV装備×2個偵察大隊と重ACR同様の編制の偵察大隊1個
航空騎兵大隊1個からなるLCR編制を提案。
contingencyに即応し空輸についても考慮。
benson armor 2002 Jan-Febと比較すると面白いか。
littel
出典
littel cgsc sams 1993
表題
The Light Armored Cavalry Regiment---
Reconnaissance Force of The Future
著者
Mark T. Littel少佐 機甲

Tullyにて参考文献としてLCR関係を押さえるためとして
扱われている。
C-141による空輸、展開、作戦などを重機甲騎兵連隊と
比較して論じる。現在の重機甲騎兵連隊への変遷を纏めている
部分有り。
Tully
Tully cgsc mms 1994
第2次世界大戦における第4騎兵群の教義、編制、運用

騎兵の機械化と本国での3度の編制変更のところまで読んだ。
師団外連隊を群へ変える改編は規格化に通じるかも。
また、主要装備はM8装甲車なのも通じるところがある。
歴史にかりて、暫定騎兵構想についての視点を得ようとしている。
benson armor 2002 jan-feb
benson armor 2002 jan-feb
Cavalry for the Interim Force

第2機甲騎兵連隊(軽)のIBCT化改編について提案された論文。
rago_lにて編成案として紹介されている。

#現在
第2機甲騎兵連隊(軽)はルイジアナ州フォートポークから
ワシントン州フォートルイスに移転し、編制も他のSBCTと
同様に行うことに決定されています。
RAGO_L
2002 SAMS CGSC RAGO_L
騎兵の立場からIBCTのRSTA大隊の能力は
従来騎兵が行ってきた偵察、警戒、兵力の節用について
不足があると主張。偵察については積極的な
威力偵察はできず、警戒と側衛については編合が必要
であり、兵力の節用に反すると指摘。UAが目的戦力の
実現を待たず規格化の一環として取り入れられるに至って
さらに騎兵の立場からの反論をまとめた論文が以降の
年度にも有り。
preston
2004 SAMS preston
AGS導入の話が主体だけど、軽重と補給の話が出てくる。
途中までなのでMGSに繋がるか、AGS,M8復活かはまだ分からず。
NSSとNMSとゴールドウォーターニコルス法については
いつかはと思いつつもNSSを読み飛ばしたきりで記憶に残らず。
 第173空挺旅団のクルド人自治区降下とその後空輸された
TF1-63についてはあちこちの話を繋いでいくと些か否定的か。
2-4 CAV 地上戦闘開始前は人組みの話 開始後は燃料補給と行軍の話
戦訓を分析した結論が付く。
航空騎兵について編制の上から触れている点あり。
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。