SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンセキ大将 経歴
第34代陸軍参謀総長(1999年から2003年)。
前任はデニス ライマー大将。
後任はピーター シューメーカー大将。

日系三世。祖父は広島出身でハワイに渡る。

略歴

1941年12月7日(日本では8日)太平洋戦争勃発
日系三世のシンセキは強制収容所に入った。(ソースA)

1961年 ウェストポイント陸軍士官学校に入校
1965年 ウェストポイント陸軍士官学校卒業
ベトナム戦争に二度従軍従軍
右足膝下および大腿下部を負傷 以降右足に義足を付ける(ソースA)

1994年3月から1995年6月 テキサス州フォートフッドにて
第一騎兵師団師団長

1996年6月 中将に昇任。作戦及び計画担当陸軍参謀次長
1997年6月 大将に昇任。
在欧米陸軍司令官兼中央ヨーロッパ連合司令官兼NATOボスニアヘルツェゴビナ安定化軍司令官
1998年11月24日 第28代陸軍副参謀長
1999年6月22日 第34代陸軍参謀総長

黒ベレー帽事件
陸軍の制式帽を黒へ替えるにあたって従来黒ベレーを使ってきた
レンジャーが反発。

クルーセーダーキャンセル事件
開発中の次期自走砲クルーセーダーの開発中止をめぐり
ラムズフェルド国防長官と対立。

イラク戦後占領必要兵力事件
イラクと戦争をした場合戦後の平和維持に必要な兵力を巡る
発言に対して、ウォルフォヴィッツ副長官は酷い見当違いだと強く否定

2003年退役
後任は退役していたピーター シューメーカーを呼び戻す形
となった。

参考
A
'My name is Shinseki and I am a soldier'
http://www.inq7.net/opi/2003/jun/22/opi_rjfarolan-1.htm
B
Eric Shinseki
http://www.mywiseowl.com/articles/Eric_Shinseki
スポンサーサイト
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。