SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2歩兵師団第2旅団はフォートカーソンへ移転
出典 星条旗紙
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=30001
原題 Treasures of 2nd ID bound for museum at Fort Carson
筆者 Seth Robson
日時 2005年6月27日
発信地 韓国 Camp Red Cloud
内容 第2歩兵師団第2旅団は昨年夏よりイラク展開中。
今年秋には本土コロラド州フォートカーソンへ帰還。
・このため同旅団の博物館収蔵品をフォートカーソンに移送する。
・移送されることになる収蔵品は第506歩兵連隊第1大隊、第44工兵大隊のものが多い。他の部隊はイラクへ持っていくか他に収蔵している。
・第506歩兵連隊第1大隊の品には1945年4月ベルヒデスガーデンから鹵獲した
ヒトラーの歩行杖(アイスアックスに似た形状)
Sink Grail(ベルヒテスガーデンのダイニングテーブルの脚の木、
ノルマンディーに降下した際の落下傘予備開傘ハンドル、
ベルヒテスガーデンの食器を溶かした銀の杯
初代連隊長 Col. Robert F. Sinkの空挺章からできている。
大隊に着任した将校は通過儀礼としてこの杯から飲む)がある。
スポンサーサイト
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。