SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クウェート待機の1個機甲旅団をアンバル州へ増派
出典 washington post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/05/29/AR2006052901172_pf.html
原題 U.S. Will Reinforce Troops in West Iraq
Car Bomb Kills 2 From CBS News
日時 2006年5月30日
筆者 Ellen Knickmeyer、Washington Post Foreign Service
協力 Thomas E. Ricks Staff writer(ワシントン)
その他の同社Staff(イラク)
他掲載媒体 A01面
発信地 バグダッド 5月29日
内容
クウェートに即応待機していた第1機甲師団第2旅団をアンバル州へ展開。
昨年11月の部族指導者と米軍の会合後、Ramadi周辺で部族指導者の暗殺が相次ぎ協力は停止状態。
ラマディは内乱側の支配下にあり海兵は苦戦。海兵将校らは1年前から増派を求めていた。

#以下全訳

米軍は月曜日、主要予備の戦闘部隊をイラクへ展開していると述べた。同部隊は兵員3500名の機甲旅団(armored brigade)で戦闘でキ窮地にあるイラク西部のAnbar州へ緊急増援として送られる。同州での攻撃の急増はイラク・アルカイダ(al-Qaeda in Iraq)と結び付けられており、スンニ派部族指導者を内乱に立ち向かわせる試みに大きなダメージを与えている。

#以下全訳最後まで
[クウェート待機の1個機甲旅団をアンバル州へ増派]の続きを読む
スポンサーサイト
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。