SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォートノックスとフォートレオナードウッドにストライカー配備されている
出典 ワシントンテクノロジー
URL http://www.washingtontechnology.com/news/20_9/federal/26143-1.html
原題 Behind the virtual battle line
筆者 William Welsh
日時 2005年5月9日
内容
記事は軍事におけるシムの状況について産業側から見たもの。

終わり近くで
フォートノックスとフォートレオナードウッドにストライカー装甲車が配備されつつあり、これらの基地向けに共通操縦手シムを設計、開発、納入する15ヶ月契約をSAICが2004年10月に690万ドルでArmy's Program Executive Office for Simulation, Training and Instrumentationから獲得したとあります。

#フォートノックスは機甲学校所在地
フォートレオナードウッドは機動支援センター所在地で各軍の工兵、化学、憲兵の特技を訓練するところ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。