SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英人女性人質は米兵の投じた手榴弾で亡くなったと結論
British aid worker was killed by U.S. grenade
The Associated Press
Posted : Thursday Dec 2, 2010 8:50:09 EST
LONDON
http://www.armytimes.com/news/2010/12/ap-british-aid-worker-killed-by-us-grenade-120210/
2010年12月2日、英議会にてヘイグ英外相は援助団体職員のLinda Norgroveが米兵の投じた手榴弾で亡くなったことを認める発言

・2010年9月26日、武装勢力に伏ち伏せされて誘拐される
・10月8日、米特殊部隊が救出する際に、米兵が投じた手榴弾で亡くなった
・12月2日、議会にてヘイグ外相は米特殊部隊の兵が、手榴弾を投じたことを直ちに申告しなかったことで軍法に違反し懲戒(diciplined)されたと発言

女性が亡くなった直後は捕らえていた武装勢力の者に殺害されたと報じられていたが、その後、ペトレアス米軍大将は米軍の手榴弾が死亡の原因の可能性を認める発言をしていた

#亡くなった日付を補うのに以下を参照

U.S. may be responsible for death of Briton
By Heidi Vogt and Robert Kennedy - The Associated Press
Posted : Tuesday Oct 12, 2010 5:08:55 EDT
KABUL, Afghanistan
http://www.armytimes.com/news/2010/10/ap-afghanistan-british-hostage-death-101110/

Linda Norgrove 36才
・スコットランド・ルイス島出身
・メリーランド州BethesdaにあるDevelopment Alternatives Inc.に勤務
・現地で環境保護事業などに長年取り組んでいた
・現地の言葉に通じ、誘拐当時はブルカを着ていた

クナル州Asadabadへ車でアフガン人同僚3名らと向かっている途中に待ち伏せを受けて誘拐された
・アフガン人同僚3名は後に解放された

Linda Norgrove killed by US special forces, report will say
By Sean Rayment, Defence Correspondent 8:30PM GMT 27 Nov 2010
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/afghanistan/8164902/Linda-Norgrove-killed-by-US-special-forces-report-will-say.html
救出作戦には米海軍特殊部隊シールズのチームシックス、AC-130、無人機プレデター、ヘリが投入された
・英人女性の死因についての調査には英軍将校二名も加わっていた(うち一名はSASの上級将校)

Linda Norgrove: US soldiers disciplined over failed rescue
James Kirkup, and Ben Famer in Kabul 2:27PM GMT 02 Dec 2010
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/afghanistan/8176676/Linda-Norgrove-US-soldiers-disciplined-over-failed-rescue.html
パキスタン国内へ人質女性が移動させられると判断し、救出作戦を実行
・ヘリで人質が拘束されているとみられる地域に完全な暗闇の中、降りた
・付近の地隙から武装勢力の者数名が出現、自身とチームが危険に晒されていると判断し手榴弾を投じて反撃
・後になって、その地隙に人質女性がいたことが判明

ヘイグ外相は人質女性の両親に英議会での発表前に告知
・両親は報告書をよく読んだ上で、声明を出すとのこと
・米中央軍は来年の検死官調査の完了までは、新たに情報は明かさず
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。