SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真珠湾奇襲の真相把握という1942年の報道
From the archive, 7 December 1942: The naval war in the Pacific
Originally published in the Manchester Guardian on 7 December 1942
The Guardian, Tuesday 7 December 2010
FROM OUR NAVAL CORRESPONDENT
http://www.guardian.co.uk/theguardian/2010/dec/07/archive-the-naval-war-in-the-pacific-1942
1941年春に米艦隊は何をしているという疑問があったことを紹介し、真珠湾で一時的に行動不能となったことが
このほど判明したと書いている


#記事中でレパルスとプリンスオブウェールズに触れている箇所があるが、英本国艦隊から東洋へ差し向けられたことまでは書いていても撃沈されたとは書いていない
・シンガポール失陥についても特に書いていない
・さらに記事時点では既にミッドウェー海戦を過ぎているのだけど、その話もない
しかし、日本海軍が空母などを使い減らしたとは書いている
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。