SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪州空軍のF-111退役
RAAF puts F-111 out to pasture
Mark Dodd From: The Australian December 03, 2010 12:59PM
2010年12月3日、Amberleyの第6飛行隊はブリスベーン、イプスウィッチ、ゴールドコーストの上空を低空飛行
・F-111は米国では1968年に就役、豪州では構造上の問題から遅れて1973年に24機
・当時は冷戦期でインドネシアが仮想敵(potential threat)であった
・搭乗員からは公式名称”Aardvark"にちなみ”Pig"と呼ばれていた

37年を通じて実戦を経験したことはないが、1999年のINTERFETで豪州軍が東ティモールに派遣されたときは
偵察型がディリ上空を飛んでいる

後継は暫定措置としてF/A-18Fスーパーホーネット24機
・F-35JSFまでの繋ぎ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。