SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪州軍捕虜を外相謝罪す
Japanese minister visits war memorial and apologises to our POWs
Mark Dodd From: The Australian
November 24, 2010 12:00AM
豪州キャンベラの戦争記念館にて、第二次世界大戦中の豪州軍捕虜指導者として著名なダンロップ博士の像を
前原外相は見学、豪州軍戦争捕虜2万2千名について謝罪の意を表する発言

出発前の発表
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/22/11/1119_08.html

写真集
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/g_maehara/australia_10/index.html

概要
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/g_maehara/australia_10/gaiyo.html

#ダンロップ博士は軍医。豪州軍捕虜は泰緬鉄道建設に強制従事。
#豪州でも戦争の回顧、慰霊に赤いポピーを使うことを知る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。