SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホルブルック特使、危篤
Special envoy Richard Holbrooke has surgery for tear in aorta
By Karen DeYoung
Washington Post Staff Writer
Saturday, December 11, 2010; 7:51 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/12/11/AR2010121101399.html
2010年12月11日、ワシントンの国務省で会合中に顔面が紅潮し具合が悪くなり、クリントン国務長官の専用エレベーターで医務室に向かう途中に倒れる
・近くのジョージタウン大学病院に運ばれ、大動脈破裂と診断されただちに手術をうける

アフガン・パキスタン担当特使
・69歳
・8月にも心臓で問題あり、治療をうけてアフガン・パキスタン訪問の予定をとりやめている

オバマ政権は現在、アフガン戦略の検討報告書発表を間近に控えている
・アフガン戦略は成功とし、変更はほぼないものとみられる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。