SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンダハル州Panjwai地区西部の治安戦
AFGHANISTAN
The Ghost Hunters
In Kandahar, as in many other parts of Afghanistan, the U.S. military has a problem: How do you beat an enemy you can’t find?
By Yochi J. Dreazen
Friday, December 3, 2010 | 12:10 p.m.
MUSHAN, Afghanistan
http://nationaljournal.com/magazine/hunting-for-ghosts-in-afghanistan-20101203

米陸軍第101空挺師団第187空挺連隊第1大隊A中隊はアフガン南部カンダハル州Panjwai地区西部、通称”Panjwaiの角”Mushanにて治安戦を行っている
・それまで同中隊はアフガン東部Paktika州に投じられており、中隊百名余で戦死者1名、戦傷章37名の損害をこうむっていた

2010年10月にヘリボーンで入る
・中隊先任軍曹のEric Richardson一等軍曹は激しい戦闘を予期し着替えや軍靴でなく予備弾薬と医薬品を携行させ、中隊衛生兵では対処できぬ負傷にそなえ医療チームを帯同したが戦闘はさほど無し

#米国防総省中継記者会見にてカンダハル市とアルガンダブ地区を担任する旅団長が一定の成果をえつつあるという見通しを語ってはいる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。