SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電磁式カタパルトでF/A-18Eを射出
EMALS Launches Super Hornet
By John Reed Monday, December 20th, 2010 5:26 pm
http://www.dodbuzz.com/2010/12/20/emals-launches-super-hornet/
2010年12月18日、米海軍はニュージャージー州Lakehurst Air Engineering Stationにて電磁式カタパルトからF/A-18Eスーパーホーネットの射出に成功
・実機の射出はこれが初めて
・略称はEMALS(Electromagnetic launch systems)

蒸気式と電磁式の違い
・様々な航空機の射出に馬力を調整するのが容易(UAVなどもふくめて)
・甲板下の空間を蒸気式ほどとらぬ
・整備も蒸気式ほどにはかからぬ

同基地Director for Support Equipment and Aircraft Launch and RecoveryのKathleen Donnelly
・EMALS(電磁式カタパルト)が作動することは確かめられたので、次は信頼性

開発はカリフォルニアのGeneral AtomicsでGerald Ford級大型空母向けに進めている
・今後はC-2グレイハウンド艦上輸送機やT-45ゴスホーク練習機などでも試験
・General Atomicsは6億7620万ドルにて製造を固定費契約している
・空母ジェラルド・フォード向けのEMALS引渡しは2011年になるとみられる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
gPnUXnkNApdAT
2011/06/08 (水) 11:07:57 | URL | THATCHER #erGwPyIE[ 編集]
MjNpxWvjwiaD
2011/06/30 (木) 13:23:58 | URL | lkaczmzhe #TmPbMaA.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。