SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストライカー野戦救急車のメーカー
出典 airmethod
URL
http://www.airmethods.com/products/completions/index.cfm
http://www.airmethods.com/company/press_releases/detail.cfm?article_id=183
日時 2005年5月11日
内容 同社はGDLSより21個の負傷者担架装置を130万ドルで受注。
引渡しはアニストン工廠にて2006年2月に完了の見込み。
これは総計で119個の契約の一環でこれまでに82個を納めている。

#工廠というとデトロイト近郊のwarrenにあるデトロイト工廠が
基地再編閉鎖の対象になるという観測が流れています。
#ストライカー野戦救急車(衛生後送車)は担架を4つまで積める
とのこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。