SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英国の国防改革に自国の進路をよみとる
Tough times
BY JONATHAN LAURENCE AND P.W. SINGER
Jonathan Laurence is a nonresident senior fellow at the Brookings Institution and associate professor of comparative politics at Boston College.
P.W. Singer is director of the 21st Century Defense Initiative at Brookings.
http://www.armedforcesjournal.com/2010/12/5062276
11月に発表された英国防改革について、批判するのではなく、肯定的にとらえて
米国がやがて同じく国防改革する際に指標とすべきとする論考

Britain looks to Europe
BY KAREN WALKER
http://www.armedforcesjournal.com/2010/12/5191122
英仏の二国間軍事協力について、英国が米国との特別な関係を担保する軍事力を維持するためには
必然であり、英国が米国よりも欧州を優先するという意味ではないと論じている
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。