SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DF-21対艦弾道型の開発進捗について初期作戦能力獲得か不明という見方
January 08, 2011
Media Availability with Secretary Gates en route to Beijing, China from Andrews Air Force Base
http://www.defense.gov/transcripts/transcript.aspx?transcriptid=4748

中国、日本、韓国(訪問順)歴訪に出発したゲイツ国防長官に同行記者団が取材
・末尾で中国のステルス戦闘機と対艦弾道弾について質問が出ており、DF-21について開発はかなり進んでいるとしつつもIOC(初期作戦能力)については不明だと国防長官は答えている

#朝日新聞での太平洋軍司令官の発言からこのDF-21D型のIOC獲得という話は随分続いている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。