SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タリバンとアフガン政府の交渉は進んでいる?
14 January 2011 Last updated at 13:32 GMT
Afghan Taliban 'end' opposition to educating girls
http://www.bbc.co.uk/news/uk-12188517
アフガン教育相Farooq Wardakが英国ロンドンでTimes Educational Supplementが
開催したEducation World Forumにて語ったところによれば
アフガン・タリバンは女子の教育を認める姿勢に転じたとのこと
・タリバンの公式声明は無い

地方レベルでは村落の長老と武装勢力が合意して女子生徒に女性教師が学校に復帰して
いることはあるとBBCカブールのQuentin Sommervillは伝えている

教育相の発言は和解交渉が拘束者の釈放などからさらにすすみ、政策レベルまで
話し合われていることを示しているという見方を記事は紹介している

一方、女性政治家の間には懐疑的な声あり
ワルダク州選出議員のRoshanak Wardak
・アフガン政府はそういうが、事実ではない。ワルダク州にはパシュトン人が多数を占める(dominated)地区
6つがあるが、そのすべてで女子学校は閉鎖されており再開されていない。学校が開かれているのは
ハザラ人地区のみ

クナール州選出議員Marman Gulhar
・事実ではないし、絶対にそうはならない。タリバンが受け入れることはありえぬ。
それどころか、反対している。女子学校は閉鎖されているし、いまなお閉鎖されたままだ


Education World Forum 2011年1月10日から12日
英国ロンドンにて
http://www.ewf2011.org/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。