SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォートカーソンにヘリ旅団創設を検討
Helicopter brigade could come to Carson
The Associated Press
Posted : Saturday Feb 5, 2011 15:05:56 EST
FORT CARSON, Colo.
http://www.armytimes.com/news/2011/02/ap-army-carson-could-host-helicopter-brigade-020511/

米陸軍では13個目のヘリ旅団をコロラド州フォートカーソンに2013年に創設することを検討している
・実現すれば、兵2800名、家族4千名がふえる
・ヘリ旅団はヘリ120機を装備
・最終的な決定は30日以内
・創設されれば、フォートカーソンの兵士数は3万名近くとなる

フォートカーソンは2003年以降で、兵士数が倍増
・現在は2万7千名

コロラド州共和党選出のDoug Lamborn下院議員は創設を歓迎
・同議員は下院軍事委員会に所属

一方、ヘリ旅団の創設で騒音に悩まされるとして反対している者もあり
・Bill SulzmanはStop the Whop Whopという運動をたちあげている

コロラドスプリングス市長Lionel Riveraは創設を歓迎
・地元では軍を歓迎する態度であり、これまでも軍に売り込む強みとなってきた
・Rivera市長をはじめ、地元自治体首長らは創設を求めてロビー活動してきた

フォートカーソン司令官James Doty准将
・旅団で、地元にも正の経済効果は大きい
・フォートカーソンは高地にあり、地形が険しく、ヘリ乗員の訓練に適す

ヘリはアフガンでは重要な輸送手段
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。