SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米陸軍、欧州3個旅団態勢へ計画変更
April 08, 2011
DOD Announces U.S. Force Posture Revision in Europe
http://www.defense.gov/releases/release.aspx?releaseid=14397

2011年4月8日、米国防総省は2004年に策定した計画で欧州駐留4個旅団のうち2つを本土に帰還させるのを改め、引き上げる旅団は1つのみとし、空挺1、ストライカー1、重1の態勢とすると発表

#現在は空挺1、ストライカー1、重2が駐留

・実行するのは2015年で、地上戦力の需要が低下するとみつもっている

このほか
イージス艦の前方展開、ポーランドとルーマニアへの地上配備型ミサイル防衛システム、特殊作戦機の前方駐留、ポーランドへの航空分遣隊(permanent aviation detachment)常時配備も行われる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。