SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォートルイスとマコード空軍基地 統合へ向かう
出典 タコマニューストリビューン
URL
http://www.thenewstribune.com/news/local/story/4864795p-4464171c.html
原題 Fort Lewis, McChord head toward merger
筆者 MICHAEL GILBERT
日時 2005年5月14日

内容 BRACの国防総省案ではワシントン州への影響は軽微なもの
に留まった。
・予想されていたストライカー旅団1個の欧州への移転と代わりに
欧州から帰還する第1機甲師団の1個旅団の受け入れ、
第1軍団の日本移転などの発表は無し。
・そのかわり、マコード空軍基地とフォートルイス(敷地が隣接)
の統合が発表され、両者は合同で記者会見を開いた。
名称はJoint Base Lewis-McChord
・ほかに6つの基地がJoint Baseとなる。統合の具体的中身は
まだ発表されていない。
• Joint Base McGuire-Dix-Lakehurst, in New Jersey (Air Force, Army, Navy)

• Joint Base Andrews-Naval Air Facility Washington, in Maryland (Air Force, Navy)

• Joint Base Anacostia-Bolling-Naval Research Laboratory, in Washington, D.C. (Navy, Air Force, Navy)

• Joint Base Myer-Henderson Hall, in Virginia (Army, Marines)

• Joint Base Elmendorf-Richardson, in Alaska (Air Force, Army)

• Joint Base Pearl Harbor-Hickam, in Hawaii (Navy, Air Force)

#このうちストライカーに関係するのはアラスカかも。
SBCT-3、第172歩兵旅団(SBCT)は但しフォートウェインライトに
駐屯(現在は1個歩兵大隊がフォートリチャードソンにいますが
イラクから帰還後にフォートウェインライトへ移る予定)。
フォートリチャードソンには現在1個空挺大隊がいますが、将来的には
1個空挺旅団が駐屯する予定。
#ハワイについてはヒッカムはでていますが、スコーフィールドバラックスが出ていません。
#ペンシルヴァニア州兵(第28歩兵師団)についてはどこから
船出、飛行機積み込みをするのかまだ調べていません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。