SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイエルソン空軍基地 戦闘部隊移転へ
出典 ノーザンマイナー
URL http://www.news-miner.com/Stories/0,1413,113~7244~2869671,00.html
原題 Defense realignment plan guts air base
筆者 SAM BISHOP
日時 2005年5月14日
内容
BRAC案では
アイエルソンの第354戦闘航空団のF-16 18機はネリス(ネヴァダ州)へ A-10は12機がMoody航空基地(ジョージア州)、3機がバークスデール航空基地(フロリダ)へ、残る3機は場所不特定で予備保管となる。
・アイエルソンに残るのは8機のKC-135Rを運用するアラスカ州兵航空部隊(580名 うち半数はフルタイム勤務)となる。
・エルメンドルフには2007年にF/A-22、2008年にC-17 8機 配備開始される。
・フォートウェインライトには韓国から3個航空中隊(150名)が6月半ばに配転される。
・アラスカの航空機部隊は韓国へ展開に備えたものであり、削減は不適切とする広報官等、反対する政治家などの声を紹介。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。