SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧州に2006年SBCT配備される
出典 星条旗紙
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=30232
原題 Command change heralds drawdown for 3rd Brigade
筆者 Ben Murray
日時 2005年7月8日
発信地 ドイツ VILSECK
内容 第1歩兵師団第3旅団はコア化(cadre strengthへ縮小)される。
これは早い場合、2006年に配備されるSBCTのため場所を空けるためである。
・配備されるSBCTの詳細について発表は後日。
・この動きは陸軍内で公然と語られていたが発表は見合わせられていた兵力移動の
一環である。
・Grafenwöhr-Vilseck-Hohenfelsでは
第100地域支援集団(三つの訓練場の運用管理)
第4歩兵連隊第1大隊長(ホーヘンフェルスの仮想敵部隊)
http://www.globalsecurity.org/military/agency/army/1-4in.htm
戦闘機動訓練センター(ホーヘンフェルス)
第282基地支援大隊(ホーヘンフェルス)の司令官が7月中に交代。
・第7陸軍訓練集団司令官(准将)は8月4日に交代。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
メールマガジンで紹介しました。

こうした地道な取り組みこそが、いつかひょっとしたことで、役に立つことがあるように思います。

2005/07/10 (日) 00:38:28 | URL | めぎや #-[ 編集]
ありがとうございます
ありがとう御座います。

SBCT関係は
アラスカの部隊が2週間の休暇中で
これからイラク展開に入る、丁度
端境の時期です。
2005/07/11 (月) 10:02:22 | URL | 太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。