SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2-2IDのフォートカーソンへの帰還まもなく始まる
出典 Colorado Springs Gazette
URL http://www.gazette.com/display.php?id=1308885&secid=1
原題 Carson tries to ease transition for brigade after stress of war
日時 2005年7月10日
筆者 Tom Roeder
発信地 不明
内容 第2歩兵師団第2旅団は昨年8月からのイラク展開を終え、早ければ
来週から長年の韓国駐留を終えてコロラド州フォートカーソンへと帰還
・同旅団は昨年8月に韓国からイラクへ展開し、そのままコロラド州フォートカーソンへ帰還し移転するもの
・同旅団はラマディを担当していた。損害率が大きいのは同地が最も危険な土地の一つであり、日常的に攻撃を受けたため。
・現在、第3機甲騎兵連隊が3月からイラク展開中であるため兵舎や事務室はこれを利用しつつ、取り壊し予定だった兵舎などを改装して対応
・その後2008年までに第2旅団とそのほか数千名の兵のため新兵舎を建築 
・同旅団の兵員数は3700名
イラク展開中の死亡者は68名
イラク展開前に韓国に7ヶ月以上駐留していた兵は2600名
今年陸軍を離れる兵は400名
他部隊へ移る兵は600名
現在コロラドスプリグスに居る家族は300家族
今年一緒にコロラドスプリングスに移ってくる家族は推定1200家族
韓国人配偶者のいる家族は60家族 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。