SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外基地再編に関して議会の独立委員会報告書
出典 下記委員会の2005年5月時点での報告書
URL 筆者でググルこと
筆者 The Commission on Review of the Overseas Military Facility Structure of the United States,
日時 2005年5月9日
筆者 委員
発信地 不明
内容

要約から抜粋
その一方で、基地移転計画のうちには委員会が保留を表明するものもある。例えば、我々は合州国へ中欧の陸軍重戦力の大半を帰還させる意味は認めるものの、様々な理由から1個重旅団を留め置くべきであると信じる。理由には我々のNATOへの関与、コソボおよびバルカン半島のその他の地での決意を示し、東欧に計画されているローテーション部隊にまつわる今後の不確実性への保障などが含まれる。

委員会は合州国の欧州における示威が将来の世界の安定のために枢要であると提言する。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。