SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消えた兵士さん 連絡求む
出典 Modesto bee (カリフォルニア州)
URL http://www.modbee.com/local/story/10846459p-11619728c.html#
原題
Mystery GI marched in local parade
Soldier 'vanished' after participating in Modesto Fourth of July celebration
日時 2005年7月9日
筆者 ROGER W. HOSKINS, BEE STAFF WRITER
発信地不明
内容 以下全訳

Jones大尉は生身であり、幻ではなかった。

Blue Star Mothers and FamiliesのCentral Valley支部長であるDebbie Katsounakisと同支部員は、月曜のModestoでの7月4日(#訳注 独立記念日)行進で本物の、生身の兵が彼らとともに歩いたと断言する。

「彼は迷彩服を着ていて、軍靴は乾いた砂漠の砂がついていた。彼が帰国したばかりだと見て取れました」と彼女は言う。

ある子供がKatsounakisさんに祝典行進の始まる前に来て、Jones大尉が集いの人々とともに行進してよいかと尋ねた。Katsounakisは、光栄ですと返事した。

彼女は祝典の間、大尉にお礼を言おうと何度か近づいた。が、彼はいつもかわしてしまうのだった。他の母親数人も捕まえて会話をしようとしたが、できなかった。ある者によると袖に第11機甲騎兵の部隊章が見えたとのことである。

祝典行進のあとで、Katsounakisさんは彼を見つけようとしたのだが、”霞と消えていた。”

「夫は人が私を狂っていると思うから話すのはやめろと言うんです」とKatsounakisさん。母親の中には
"Riding with Private Malone"という歌に似ていると思うものもいる。その歌の筋は死せる兵士が、彼の車を中古屋から買った人を助けるというものである。

「私たちはお礼を言いたいだけです」とKatsounakisさんは言う、「それで彼に連絡して欲しいのです。」

あるいは近くの報道機関でも、そのほうが手軽であれば。


Blue Star Mothersの電話番号(#訳注 略)

Bee staff writer Roger Hoskinsの電話番号とメアド(#訳注 略)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
フィラデルフィア実験で検索してくる人向け
以前からフィラデルフィアエクスペリメントで検索してこちらに来る人が多くいたですが、あいにくオカルトネタはなかったのですまなく思うばかりでした。今回たまたまこういうニュースが引っ掛かったのでご参考までに。

# 銃後 ―流言・投書の「太平洋戦争」― 川島 高峰著 を読むとこの手の話が沢山纏められています。
2005/07/13 (水) 16:54:18 | URL | 太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。