SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FCSとSBCT
出典 King5
URL http://www.king5.com/business/stories/NW_071305BUKboeing_futurecombatJM.a078f062.html
原題 Boeing project takes aim at wars of the future
日時 2005年7月13日
筆者 AP通信
発信地 ワシントン州 タコマ
内容 FCSについてボーイングが報道陣にブリーフィング
・2014年に18のシステムを揃えた旅団ができる 人員規模は3600名から4000名
・2008年には実験旅団ができる 人員規模は3000名 所在地は未定だが今年末に陸軍が発表するかもしれない
・ボーイングはSBCTのノウハウを助言としてFCS開発に生かしている
SBCTの兵らがイラクの経験をボーイングの技術者に話している
・20年かけて15旅団分、1個旅団あたり700両、陸軍は揃える予定
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
実験UAの所在地はフォートルイス?
記事中で確言されていないものの、
それを期待させるような構成になっています。
2005/07/14 (木) 12:25:15 | URL | 太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。