SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3-1IDの削減規模明らかに
出典 星条旗紙
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=30444
原題 1st ID’s 3rd Brigade Combat Team drawdown to affect nearly 3,000 GIs
日時 2005年7月19日
筆者 Ben Murray
発信地 不明
内容
第1歩兵師団第3旅団戦闘団の現在の陣容は以下の通り
・第1歩兵師団第3旅団本部及び本部中隊 兵員88名 陸軍省文民6名
・第2歩兵連隊第2大隊 兵員702名
・第63機甲連隊第1大隊 兵員497名
・第63機甲連隊第2大隊 兵員495名
・第201前方支援大隊 兵員433名
・第6砲兵連隊第1大隊 Bambergに兵員483名 Vilseckに兵員103名
・第4騎兵F中隊、旅団偵察中隊 兵員49名
・第101軍事情報大隊A中隊 Wu:rzburgに兵員62名
・第121通信大隊B中隊 Kitzingenに兵員140名
・第82工兵大隊A中隊 Bambergに兵員92名
(第82工兵大隊の残余は第173旅団戦闘団の旅団諸科大隊(Brigade Troops Battalion)に合流する)

・今後数ヶ月内に旅団の2990名の兵員とその家族3990名に削減の影響が及ぶ・11月半ばには第3旅団で地域に残る兵員は370名
・地域に残る部隊はストライカー旅団の到着までVilseckの運用を行う
・ストライカー旅団到着後の同部隊の将来については未定
・第3旅団はイラクから今春に帰還後、自然減により削減を開始している
・到着するストライカー旅団の規模はおよそ3900名
・Vilseckの従業員は削減される予定はない
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。