SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陸軍最先任曹長 太平洋各地を歴訪
出典 emilitary org
URL http://www.emilitary.org/forums/index.php?act=Reg&CODE=00
原題 SMA visits Pacific Rim Soldiers
筆者 陸軍広報短信からの引用 Reeba Critser二等軍曹
発信地 不明
内容 陸軍最先任曹長Kenneth O. Prestonが太平洋縁のアラスカ、日本、
グアム、サモア、ハワイを歴訪し変革の意義を説いた。
・現在3万名の拡張中。これを実現する手段として
新規募集枠を拡大、再任率の向上、一部職種を軍から文民へ移行の
3本を行っている。
・再任率の向上は、陸軍予備役・州兵にとって最大の人員供給源である現役退役者を奪い合う形となっている。
・昨年陸軍州兵の8個対空中隊が憲兵訓練をフォートレオナードウッドで受けた。これは高需要となったが人員の少ないMOSを満たす一環である。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。