SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部隊配置発表される
出典 U.S. Army
URL http://www.army.mil/modularforces/map.htm
筆者 不明
日時 不明 最終更新は(2005年)7月27日
発信地 不明
内容 フラッシュによる旅団配置図。

海外
韓国 Camp Red Cloudに第2歩兵師団本部
韓国 Camp Caseyに第2歩兵師団 1個旅団
ドイツ Vilseckに第2騎兵連隊(編制はSBCT)
イタリア ヴィチェンツァに第173空挺旅団

本土
第25歩兵師団
アラスカ州フォートウェインライト 1個旅団(SBCT)
フォートリチャードソン 1個旅団
ハワイ州スコーフィールドバラックスに2個旅団(うち1個がSBCT)
第2歩兵師団
ワシントン州フォートルイスに3個旅団(3個ともSBCT)
第4歩兵師団
コロラド州フォートカーソンに4個旅団
第1機甲師団
テキサス州フォートブリスに4個旅団
第1騎兵師団
テキサス州フォートフードに4個旅団
第1歩兵師団
カンザス州フォートライリーに3個旅団
ケンタッキー州フォートノックスに1個旅団
第101空中強襲師団
ケンタッキー州フォートキャンベルに4個旅団
第3歩兵師団
ジョージア州フォートスチュアートおよびハンター飛行場に3個旅団
ジョージア州フォートベニングに1個旅団
第10山岳師団
ニューヨーク州フォートドラムに3個旅団
ルイジアナ州フォートポークに1個旅団
第82空挺師団
ノースカロライナ州フォートブラッグに4個旅団
第11機甲騎兵連隊
カリフォルニア州フォートアーウィン(規格化旅団と異なる編制 対抗敵)
第3機甲騎兵連隊
テキサス州フォートフード

軍団所在地
第Ⅰ軍団 ワシントン州フォートルイスから日本へ移転の可能性
日本側と交渉中
第Ⅲ軍団 テキサス州フォートフード
(ここのみ、
AP通信 JOHN J. LUMPKIN
出典 Army Reorganizes to Modernize Branch
http://www.newsday.com/news/politics/wire/sns-ap-army-reorganization,0,2425380.story?coll=sns-ap-politics-headlines)
 
#33個から現在、第3歩兵師団傘下、第10山岳師団傘下、第101空中強襲師団傘下、第4歩兵師団傘下に旅団が増設され37個。ここから部隊名称変更や所属部隊の変更が始まり、さらに6個が増え43個となるのがこの配置。
さらに5個増え48個となるかの判断は後日。
43個のうち20個が重旅団戦闘団。6個がストライカー旅団戦闘団。
残り17個は歩兵旅団戦闘団で軽歩兵、空挺などが含まれる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハワイ所在の旅団数
3個と書いていたのを2個へ修正
2005/07/30 (土) 06:59:30 | URL | 太郎 #-[ 編集]
UEx UEyの訳
UEx (higher tactical eadquarters)

UEy
(operational-level headquarters)
とモジュラープラン2005でしている箇所があるので、
上級戦術階梯司令部
作戦階梯司令部になるかも。

最も師団、軍団の名称は廃止されない模様なのでそのままUEx、UEyとしておくのも良いかもしれません。
2005/07/30 (土) 15:05:40 | URL | 太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。