SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カタールにてストライカー装甲車を修理
出典 military family network
URL http://www.emilitary.org/article.php?aid=3793
原題 Army Strykers return to combat zones
日時 2005年7月29日
筆者 在南西アジア米陸軍前方支援旅団、米陸軍広報
発信地 CAMP AS SAYLIYAH
内容
カタールにてArmy Material Command(陸軍資材集団)のArmy Field Support Battalion-Qatar(在カタール陸軍野外支援大隊)の指導のもと
General Dynamics Land Systems(ゼネラルダイナミックスランドシステムズ)がストライカー修理施設を運営。
・最近、同修理施設でストライカー装甲車2両が再生され陸軍の検査官に引き渡された(present)。
・カタールに立地しているのは、港湾および空港に至近であること
Camp As Sayliyah付近に工業基盤があること 野外支援大隊の施設が近代的であることゆえである。
・The positive aspect about this program is that you’ve got 25 vehicles that were basically written off and the Reports of Survey have been done.
と野外支援大隊長の言が引用されています。
(台帳から)除外され、調査報告済みの車両が25あり、うんぬんとあるようです。

#共食い整備のパーツ供給あるいは再生の土台に使える車両のストックが
あるという意味でしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。