SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2-14CavはRawahにて活動
出典 LA times
URL http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-outpost1aug01,1,6167642.story
原題 Rebels on the Run, Locals Too
日時 2005年8月1日
筆者 John Hendren
発信地 Rawah
内容 Rawahでの2週間近くの掃討作戦により内乱者は駆逐された模様。
・町住民は大半がユーフラテス対岸の村Anahへ友人、親戚を頼って避難
しており、現在3人に1人が帰還した状態。
・2-14Cavは内乱者を打倒し終え、シリア国境の封鎖のため展開する
・木曜、金曜に同町の3000から5000の家屋全てを捜索し、内乱容疑者を拘束したほか大量に武器爆発物を押収。
・町には米軍部隊に対する攻撃の痕、路肩爆弾や車爆弾による穴などが
残る。
・2-14Cavの帰還後、基地は米軍部隊が引き継ぐ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。