SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新編、再配置される各旅団の型について
出典/参照 the American Thinker
URL http://americanthinker.com/articles.php?article_id=4682
原題 Transformation of the US Army
日時 2005年7月28日
筆者 Douglas Hanson
発信地 不明
内容 駐屯地毎の旅団の型、部隊名称についてDoD発表の内容を補完する記事。

(・韓国キャンプキャセイ、キャンプレッドクラウド
第2歩兵師団本部がキャンプレッドクラウド
第2歩兵師団第1重旅団戦闘団がキャンプキャセイ。)

・アラスカ州フォートリチャードソン
今年末までに空挺能力をもつ歩兵旅団戦闘団が設立される。名称は第25歩兵師団第4旅団

・アラスカ州フォートウェインライト
第172SBCTは第25歩兵師団傘下となる。第25歩兵師団の航空旅団の多機能航空旅団への変革の一環で4-123rd航空大隊の諸隊と韓国およびハワイから再配置される資産をもとに航空任務部隊が開隊される。

・ハワイ州スコーフィールドバラックス/ホイラー陸軍飛行場
第25歩兵師団本部と傘下2個旅団。うち1個はSBCT、他方は歩兵旅団戦闘団。
Fort Shafterも含めて、多機能航空旅団の一部、維持旅団1個、戦域階梯指揮統制組織、太平洋合州国陸軍が駐屯。

・ワシントン州フォートルイス
3個SBCT。ストライカーに配属された兵はドイツ、ハワイ、アラスカ、フォートルイスを巡っていくことになる。どの駐屯地も歴史ある家族同伴での長期赴任地であるから、兵の家族にとって予測しやすい安定したものとなる。

・コロラド州フォートカーソン
第3機甲騎兵連隊はフォートフードへ移転。第4歩兵師団本部と傘下4個旅団が集まる。(うち第2歩兵師団第2旅団戦闘団由来の旅団は歩兵旅団戦闘団
他3個は重旅団戦闘団)

・テキサス州フォートブリス
第1機甲師団の4個重旅団戦闘団。同地で新編される旅団が第4旅団となる。

・テキサス州フォートフード
(第1騎兵師団の4個重旅団戦闘団と)第3機甲騎兵連隊(重旅団戦闘団相当)で
合計5個モジュラー旅団戦闘団

・カンザス州フォートライリー
第1歩兵師団本部および傘下3個重旅団戦闘団
うち1個は同地に現在駐屯する第1機甲師団傘下旅団に由来。
(訳注 これは原文では
the Army will re-flag the 1st Armor Division brigade currently at Fort Riley to align the brigade combat teams with the 1st Infantry Division lineage. と書いています。他紙で確認が必要。)

・ケンタッキー州フォートノックス
第1歩兵師団傘下の歩兵旅団戦闘団。機甲学校およびセンターは
フォートベニングへ移転する。

・ケンタッキー州フォートキャンベル
第101空中強襲師団傘下の歩兵旅団戦闘団4個、多機能航空旅団2個、
維持旅団1個、第160特殊作戦航空連隊。

・ノースカロライナ州フォートブラッグ
第82空挺師団傘下の歩兵旅団戦闘団4個、多機能航空旅団、維持旅団、
陸軍特殊作戦軍司令部 

・ニューヨーク州フォートドラム
第10山岳師団本部と傘下3個歩兵旅団戦闘団。

・ルイジアナ州フォートポーク
第10山岳師団傘下である第4歩兵旅団戦闘団。作戦展開していないときは
JRTCでの訓練を支援。

・ジョージア州フォートベニング
第3歩兵師団傘下の1個重旅団戦闘団。機甲学校およびセンターがフォートノックスから移転し、(歩兵学校およびセンターとともに)Maneuver Center of Excellenceが設立される。

・ジョージア州フォートスチュアート
第3歩兵師団本部と傘下3個重旅団戦闘団。

(・ドイツVilseck 
・第2騎兵連隊 1個SBCT)

(・イタリアヴィチェンツァ
第172空挺旅団 1個歩兵旅団戦闘団(空挺))


#DoDの記者会見で、この駐屯地は重、こちらは重、こちらはと代名詞で
各駐屯地毎の型を纏めて伝えている箇所があるんですが、ストリーミングでの公開がされていないので不明でした。

以下復元してみると

海外
韓国 キャンプキャセイ 第2歩兵師団 1個HBCT
ドイツ Vilseck 第2騎兵連隊 1個SBCT
イタリア ヴィチェンツァ 第173空挺旅団 1個IBCT(空挺)

アラスカおよびハワイ
スコーフィールドバラックス 第25歩兵師団 1個SBCT 1個IBCT
フォートリチャードソン 第25歩兵師団 1個IBCT(空挺)
フォートウェインライト 第25歩兵師団 1個SBCT

本土
HBCTのみの駐屯地
フォートブリス 第1機甲師団 4個HBCT(heavy brigade combat team)
フォートフード 第1騎兵師団 第3機甲騎兵連隊 5個HBCT
フォートライリー 第1歩兵師団 3個HBCT
フォートスチュアート 第3歩兵師団 3個HBCT
フォートベニング 第3歩兵師団 1個HBCT

HBCTとIBCT
フォートカーソン 第4歩兵師団 3個HBCT 1個IBCT(infantry brigade combat team) 

SBCTのみ
フォートルイス 第2歩兵師団 3個SBCT

IBCTのみ
フォートノックス 第1歩兵師団 1個IBCT
フォートキャンベル 第101空中強襲師団 4個IBCT
フォートドラム 第10山岳師団 3個IBCT
フォートブラッグ 第82空挺師団 4個IBCT(空挺)

訓練支援を兼ねているIBCT
フォートポーク 第10山岳師団 1個IBCT

対抗敵のHBCT(-)
フォートアーウィン 第11機甲騎兵連隊 1個HBCT(-)


師団から纏めた場合
HBCTのみ
第1騎兵師団 4個HBCT
第1機甲師団 4個HBCT
第3歩兵師団 4個HBCT

HBCTとIBCT
第1歩兵師団 3個HBCT 1個IBCT
第4歩兵師団 3個HBCT 1個IBCT

HBCTとSBCT
第2歩兵師団 1個HBCT 3個SBCT

SBCTとIBCT
第25歩兵師団 2個SBCT 2個IBCT(うち1つは空挺) 

IBCTのみ
第10山岳師団 4個IBCT
第82空挺師団 4個IBCT(空挺)
第101空中強襲師団 4個IBCT

独立旅団(フォートフードにて第1騎兵師団と同居)
第3機甲騎兵連隊 1個HBCT

独立旅団
第2騎兵連隊 1個SBCT
第173空挺旅団 1個IBCT(空挺)

対抗敵(現在、イラク展開しているのでローテーションに組み込まれるときあり 43個旅団の数には入っていません)
第11機甲騎兵連隊 1個HBCT(-)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
陸軍公式サイトにて部隊名称など詳細発表される
復元した師団の建制の一部に誤りがありました。10月23日付けの投稿にて
修正します。
2005/10/23 (日) 06:08:40 | URL | 太郎 #-[ 編集]
pVaKAuevqSEonP
2011/06/02 (木) 03:39:50 | URL | isfaijn #-[ 編集]
htqmgbcYYLA
2011/06/21 (火) 16:44:06 | URL | BARRIOS #Feaf62co[ 編集]
PkMzglgHqNMKsW
2011/06/30 (木) 10:29:30 | URL | qnvozah #rUTALomo[ 編集]
bekEBVNDSS
2011/06/30 (木) 10:29:52 | URL | tcutqqvyqvn #VBRin5UA[ 編集]
TWWKgITWgwZnPa
2011/06/30 (木) 13:30:07 | URL | jrjcxa #RFVg1qGw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。