SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラク戦争時の第Ⅴ軍団長 TRADOC司令官に就任予定
出典 washington Post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/08/09/AR2005080900515.html
原題 Army Sacks Senior General for Misconduct
日時 2005年8月9日
筆者 AP通信 Robert Burns
発信地 ワシントン
内容
Kevin P. Byrnes大将が罷免され、当分の間は副司令官Anthony R. Jones中将が代行を務める。その後4月に指名されている現在、諸兵科連合センター司令官のWilliam Wallace中将が上院にて大将への昇任を認められた上で引き継ぐことになる。
・大将が罷免されるのは極めて稀。
過去には1990年、当時の空軍参謀総長であったMichael Dugan大将が
報道陣にイラク戦争での作戦計画について洩らしたことで、
また、1995年、太平洋軍司令官であったRichard C. Macke提督が
沖縄海兵レイプ事件についての発言で、罷免された例がある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。