SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラク駐留兵力、段階的削減は実行されるのか?
出典 Los Angels Times
URL http://www.latimes.com/news/nationworld/nation/la-na-message13aug13,0,2944813.story
原題 War Messages That Don't Quite Match
日時 2005年8月13日
筆者 Ronald Brownstein と Mark Mazzetti
発信地 ワシントン
内容 国防総省、イラク駐留米軍司令官ら、軍高官の2006年に段階的削減という線での発言に対してブッシュ大統領があらためてテロとの戦いを遂行する決意を強調する発言をした背景を探る解説記事。
・2006年中に兵力削減は不可避であると専門家の多くはみている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。