SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3航空支援運用大隊の兵、出発
出典 Fairbanks Daily News Miners
URL http://www.news-miner.com/Stories/0,1413,113~7244~3010861,00.html
原題 Eielson airmen leave to join Stryker Brigade
日付 2005年8月15日
筆者 Margaret Friedenauer
発信地 無し
内容 アイルソン航空基地の第354運用群の第3航空支援運用大隊の兵約20名が日曜に出発。ローテーションは6月。次のローテーションも同大隊から派遣する。
・兵らは5両のTACP( Tactical Air Control Party 戦術航空統制班)用ストライカー装甲車に乗る。
操縦手と銃手は陸軍の兵が勤める。航空兵らは陸軍制服を着用。
・航空兵らのもとには最近になって、先進的な小銃用照準装置や夜間視界装置が届いている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。