SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合州国議会海外戦力配置検討委員会最終報告書
出典 Congress
URL http://obc.gov/default.asp
原題 United States Congress
commission on review of overseas military facility structure of the United States Final Report
筆者 overseas basing commission
日付 2005年8月15日
内容
 戦力配置は戦略と深く結びついていること、戦略を形成する要素であることを指摘、配置見直しに当っては国防総省以外からの広範な議論への参加が必要と主張。欧州についてはEUCOM、PACOM、CENTCOMに補遺で触れていた暫定報告書と異なりEUCOMの現在戦力配置は機密に指定されているものの、
メッセージ、要約でバルカンへの備え、NATOへの関与、ストライカーは攻勢対戦車能力を持つ装備がないこと、東欧へのローテーションが実現するか、などから重旅団の過早な撤退に疑問を表明している。 

#朝日.comの報道で出されたのを知る。欧州からの重部隊撤退に懸念を
表明している由。また、沖縄の第Ⅲ海兵遠征軍については日本国内に一部移転の方向とのこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。