SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第504空挺連隊第1大隊のイラク展開
出典 星条旗紙
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=31000
原題 504th PIR gets the call, will guard detainees in Iraq
筆者 Lisa Burgess
日時 2005年8月18日
発信地 ヴァージニア州アーリントン

軍事筋によると、第82空挺師団の1個大隊およそ700名の兵が展開命令を受領。イラクへゆき拘束者警備にあたる準備をしている。

第504落下傘歩兵連隊第1大隊(The 1st Battalion, 504th Parachute Infantry Regiment (PIR))は”命令を受け、今後2ヶ月以内のイラクへの移動の準備を開始した”と第82空挺師団広報官であるAmy Hannah少佐は水曜にノースカロライナ州フォートブラッグにて水曜の電話取材に回答した。

Hannah少佐によると歩兵大隊が正式の展開命令を受領したのは先週。しかし、隊員らは少なくとも2日月前から展開するのは不可避であると伝えられていたと国防総省の陸軍筋は水曜に語った。

”フォートブラッグでは彼らが行くことは広く知られていた”と師団の広報官であることを理由に匿名を条件に関係者は星条旗紙に述べた。

兵らがイラクに送られるのはイラク多国籍軍団司令官Geroge Casey大将の要請によると、国防総省広報官Bryan Whitmanは水曜に語った。

Casey大将は「戦域階梯での拘束作戦への支援」のため部隊の追加を求めたとWhitman広報官。

Whitmanは部隊がどれだけのイラクにいるかは知らないとのことである。

この展開は同大隊の9月11日のテロ攻撃以降の中東への配置としては3回目である。2002年7月から2003年1月までアフガニスタン、2003年9月から2004年4月までイラクのファルージャ郊外に展開している。

およそ2週間前、国防総省関係者はイラクの米軍司令官が10月と12月に予定されている選挙の警備のために兵力規模を一時的に増強するよう求めるだろうと語った。

が、Whitmanは第504落下傘歩兵連隊の展開は「今後の選挙に関連しての戦力調整として対応”ではないと語る。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。