SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1-24Inf.大隊長負傷の続報
出典 Seattle Times
URL http://seattletimes.nwsource.com/html/localnews/2002452883_commander26m.html
原題 Storied Iraq soldier recuperating
日時 2005年8月26日
筆者 Alex Fryer
発信地 無し
内容 第24歩兵連隊第1大隊長Erik Kurilla中佐率いる大隊を追った
Michael Yonのブログに負傷した戦闘の経緯が掲載される。また、Yonについて紹介。
・Kurilla中佐は韓国、欧州勤務の経験あり。49歳。
・Yonはグリーンベレー出身。41歳。2000年にDanger Closeを自費出版。
内容はバーのパトロン殺害の嫌疑で裁判にかけられるも無罪を勝ち取った回想録。
・負傷した戦闘の経緯
 内乱者を乗せた黒の車を追跡。ヘリから狙撃により車は止まる。
車から逃げた内乱者を徒歩で中佐ら4名が入り組んだ路地で追跡。
先頭の中佐、撃たれるも撃ち返す。同行の兵らが内乱者を拘束。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。