SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モスル飛行場でアパッチが地上のブラックホークに衝突事故
Federal Way native dies in Iraq copter collision
http://www.thenewstribune.com/news/military/stryker/story/4312346p-4095250c.html

2004年12月12日 ワシントン州タコマ

Federal Way出身者、イラクでのヘリ衝突で亡くなる
筆者MICHAEL GILBERT
最終更新: 2004年12月11日 午前02:40 (太平洋標準時)
米軍筋によると、イラクのモスルで木曜の夜に二機のヘリが衝突しTFタコマの2名が死亡、4名が負傷した。

近親者によると亡くなったうちの一人はサウスカロライナ州兵の准士官でパイロット、Federal Way出身のPatrick Leach(39歳)。Leach氏の両親であるBruceさんとGraceさんはタコマ在住。

「息子は為せねばならぬことをしていたのです」とBruce Leach Sr.は語る。「息子は家族と別れるのは嫌でした。ですが、命令があったので行ったのです。息子は任務を果たしたのです。」

サウスカロライナ州の軍筋によると亡くなったもう一人は同州出身でサウスカロライナ州兵のAndrew Shields士官。(#訳注 Lt.なので尉官は確か。TFオリンピアの広報かサウスカロライナの地元紙で検索して補足する予定)

BruceさんとGraceさんのLeach夫妻は木曜の夜サウスカロライナ州のRock Hillに息子の妻と孫を訪ねて帰ったばかりで息子の死の知らせを受けた。

「飛ぶことだけが望みでした」と母は語る。Bruceさんは海軍、そして民間航空のパイロットだった。

TFタコマの広報官Paul Hastings中佐によると、事故は、モスル飛行場で起きた。AH-64攻撃ヘリが地上のUH-60ブラックホークに衝突した。

事故の発生時刻はイラク時間の木曜日午後7時30分頃。太平洋時間では木曜の午前8時30分。

Hasting中佐によると負傷した4名は重傷ではなく、任務に復帰した。

「事故は調査中」で「事故の原因は調査が終了するまで判明しない。」

サウスカロライナ州兵第151航空連隊第1大隊のおよそ20機のアパッチと5機程度のブラックホークがTFオリンピアの一部として北部イラクに駐留している。

部隊はフォートルイスの第25歩兵師団第1旅団とともにイラク展開しており、10月の展開前にはフォートルイスとジョージア州のフォートスチュアートでストライカー部隊とともに訓練している。

召集を受ける前は、Leach氏はMesa Airlinesのパイロットでreginal jet captainを務め、東海岸一帯をCharlotteからUS Airways Expressで飛行していた。

「Patの生涯の望みはパイロットになることでした」、義理の兄弟であるJohn Landstreetさんは語る、「彼は家族のために生きてきました。酷いことです。」

故Leach氏はThomas Jefferson高校卒業。同校ではレスリングをしていた。ヴァンクーバー在の同氏の兄弟であるBruce Leach Jr.さんによると卒業後はスキーの教官をしていたとのこと。Leach氏は1986年から1992年まで陸軍現役で1991年の砂漠の嵐作戦でも展開した。

Leach氏の遺族は、妻Elizabethさん、3人の子供、4歳になる娘と二人の息子、一人は二歳でもう一人は7ヶ月。また、他にも以前の結婚で二人の息子がおり、それぞれ19歳と17歳。

「彼は献身的な夫にとして父親であり、...そして愛国者でした」とElizabeth Leachの親友の一人であるElizabeth Scoville Crippenさんは語る。「彼の彼女への気遣いは大変なものでした。彼の彼女を愛することといったら大変なものでした。」

初稿: 2004年12月11日 午前12時01分(太平洋標準時間)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
SBCT旅団固有のヘリは無し
師団偵察大隊のフォートスチュアートが登場してます。
SBCTの編制には固有のヘリはないです。旅団長の階級は大佐。TFオリンピアの司令官は准将。

でTFオリンピアとしてヘリを抱えているようです。
#OH-58D装備の部隊がこの他にもいそうですが。
2004/12/12 (日) 19:44:16 | URL | 太郎 #-[ 編集]
TFタコマは誤り TFフリーダムが正しい
TFオリンピアの後を継いだのは
TFフリーダムでした。訂正。
2005/05/07 (土) 02:34:01 | URL | 太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。