SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OIF、OEFのローテーション
出典 DoD
URL 原題 日時
2005年1月18日
DoD Announces OEF/OIF Rotational Units
http://www.defenselink.mil/releases/2005/nr20050118-1992.html
2005年1月4日
DoD Announces OEF/OIF Rotational Unit
http://www.defenselink.mil/releases/2005/nr20050104-1926.html
2004年12月14日
DoD Announces OEF/OIF Rotational Units
http://www.defenselink.mil/releases/2004/nr20041214-1823.html

内容 現在始まっている部隊ローテーションの報道発表

1月18日発表
OIFローテーション
2005年半ばから第1機甲師団第1旅団と第2旅団(ドイツ ヴィースバーデン)

1月14日発表
OIFローテーション
2005年半ばから第28歩兵師団第2旅団戦闘団(ペンシルヴァニア陸軍州兵)

12月14日発表
OIFローテーション
現行の17個旅団3個師団本部態勢変わらず
2005年半ばから
第48歩兵旅団(独立)(ジョージア陸軍州兵)
第172ストライカー旅団戦闘団(アラスカ州フォートウェインライト)
第10山岳師団第1旅団(ニューヨーク州フォートドラム)
第101空挺師団(空中強襲)の師団本部及び4個旅団(ケンタッキー州フォートキャンベル)
第1歩兵師団第1旅団(ケンタッキー州フォートライリー)
第4歩兵師団の師団本部及び4個旅団(テキサス州フォートフード)

各部隊の展開は2005年半ばから2006年半ばにかけて徐々に行う

OEFローテーション
現行の3個旅団1個師団本部態勢変わらず
第10山岳師団第3旅団と第4旅団と本部下諸部隊(ニューヨーク州フォートドラム)
第53歩兵旅団本部(フロリダ州兵)
展開は2005年半ばから2006年半ばにかけて徐々に行う
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。