SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陸軍の新武装偵察ヘリ ベルと契約締結へ
出典 Global security
URL http://www.globalsecurity.org/military/library/news/2005/08/mil-050826-army01.htm
原題 Army begins Armed Reconnaissance Helicopter initiative with Aug. 29 ceremony
日時 2005年8月26日
筆者 連絡先が陸軍広報
発信地 無し
内容 8月29日に Bell Helicopter Textronと陸軍との間で契約締結式がテキサス州フォートワースにて開かれる。
・契約が締結されたのは2005年7月29日 2006年から2013年の間に368機生産。最終額は30億ドル。
・新武装偵察ヘリの原型は407単発機。軍用型では2人乗りで単独操縦可能とし、最新のグラスコクピットを装備。昼夜限定天候下で飛行可能。武装は2000発ガトリングガン、2.75インチロケット弾、ヘルファイアミサイル。
・OH-58Dを代替することになる。

Bell 407
http://www.bellhelicopter.com/en/aircraft/commercial/prodSpecs407.cfm
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。