SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第172SBCTの最後の5名 出発
出典 Fairbanks daily news miner
URL http://www.news-miner.com/Stories/0,1413,113~7244~3030454,00.html
原題 Deployment blues
日時 2005年8月28日
筆者 Margaret Friedenauer
発信地 無し
内容 本日、第172SBCTの最後の5名が出発
記事自体はフォートウェインライトからベトナム戦争以来最大の展開で
フェアバンクスの経済に与える影響について
・旅団3800名(うち700名はフォートリチャードソンから)が展開した。
旅団の兵士の家族のうち1741名がフェアバンクスに家族を住まわせている。
そのうち先週まででおよそ17%が米本土48州への引越しを申請。
帰還時の引越し費用は自己負担だが、行きは陸軍が負担する。
・レストラント、小規模な小売店、フォートウェインライトのPXなどには
影響がある模様。大規模小売店は目下影響があるか見ているとのこと。

フォートウェインライトは人員規模が拡大する
・フォートウェインライトに第123航空連隊第4大隊の485名が12月にイラク駐留から帰還。
・今秋に韓国から3年のツアーで1個航空大隊が来る。
・兵150名と同伴の家族60組から80組が来ることになる。
・フォートリチャードソンからは1個大隊兵687名がイラク駐留から帰還後移転する。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。