SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月19日の兵負傷事件の詳細
出典 observer reporter
URL http://www.observer-reporter.com/295042142453542.bsp
原題 Insurgent sniper hits Jefferson soldier
日時 2005年8月28日
筆者 Cara Host
発信地 ジェファーソン
内容  Daniel Lama軍曹は8月19日にモスルのYarmouk Traffic Circleにて後部上面ハッチから警戒中、狙撃を受け首に負傷。
・容態は歩行可能。12月には全快して退院の見込み。
・1-24Inf.大隊長を撃った内乱者は昨年12月21日の食堂自爆攻撃の容疑で拘束されており、最近イラク官憲により釈放された者。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。