SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第94工兵戦闘大隊(重)、モスルで道路補修
出典 星条旗紙
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=30344&archive=true
原題 Task Force Ripper teams foil insurgents by filling Mosul's potholes
日時 2005年8月25日
筆者 Rick Emert
発信地 モスル
内容 第94工兵戦闘大隊(重)(94th engineer combat battalion)(heavy)
はモスルで夜間外出禁止時間帯に迅速道路補修を行っている。
・この任務を行っているのは同大隊のA、B、および本部支援中隊
・1週に数回、十名程度で行う このほか警備役の部隊が付く
・補修の対象は道路の陥没穴や仕掛け爆弾等による穴
・目的は内乱側が路肩爆弾を仕掛ける穴を塞いでしまうこと
・手順
パトロール部隊が補修の必要な穴を見かけたら工兵に知らせる
翌夜、工兵のチームが確認
さらに翌夜、工兵が補修
・補修の手順(一つの穴に60分から90分掛かる)
ハマーのライトで現場を照明
ダイヤモンドカッター(wet saw)で穴を中心に対称にアスファルトを切る
ハンマーでアスファルトを砕き、取り去る
穴に砕石を入れ、金網を敷く
砂、小石、セメント、水、凝固促進に必要とされるだけの塩化カルシウムを入れて混ぜる
セメントを穴に入れて触っても大丈夫な程度に固まるのを20分程度待つ

・塩化カルシウムは金網を腐食するのであくまでこれは応急措置。
2,3年程度は持つ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。