SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第172SBCTの最後の5名出発
出典 Fairbanks daily news miner
URL http://www.news-miner.com/Stories/0,1413,113~7244~3031374,00.html
原題 Deploying of Strykers wraps up
日時 2005年8月29日
筆者 Margaret Friedenauer
発信地 無し
内容 Barbara Cash一等軍曹と4名の兵が出発。イラクやクウェートにいる旅団と合流する。
・同軍曹の任務は25名からなるTrail-Von teamの一員として15便にのぼる
航空機に乗せた人員装備、海軍船舶1隻に乗せた車両300以上、その他装備の輸送を調整すること。
・Trail-Vonチームの最大の任務の一つは5月に旅団がフォートポークJRTCでの演習にストライカー装甲車を使用した後、テキサス州 Beaumontへ運び、船積みすることだった。
・同軍曹が携えていく装備は旅団との調整に使用していたもののほか、戦域に既に1ヶ月いる兵からの要請で虫除けと日焼け防止剤
・アラスカ陸軍州兵の第207航空連隊第1大隊(60名)の先遣隊4名とともに展開する
・現地について2,3ヶ月したら軍曹は帰還の準備を開始する。
軍曹は軍歴中18年間輸送に携わってきた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。