SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Rhino runnerの実際
出典 Washington Post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/08/27/AR2005082700035_2.html
原題 A Tale of Two Wars
日時 2005年8月28日
筆者 Lewis Simons
発信地 無し
内容 記事自体はベトナム戦争のときの取材経験とイラク戦争時のそれを
比較。

ベトナムのとき無かったのはテントの空調、インターネットアクセス、
ピザハットの30分内配達保障宅配、PXでキューバ葉巻販売、新鮮な食事と
定期的に消毒される簡易トイレとのこと

Rhino Runner、Green ZoneからBIAP(バグダッド国際空港)への車列作戦を
描く部分を以下訳出。

午前3時にハンドマイクを持った身奇麗な軍曹がテントの照明を付け、起きてボディアーマーとヘルメットを着用するよう言った。デザートタンに塗られ、鉄板で装甲されているRhino RUnnerバス3両が整列し、主に米兵と契約業者ら90名が乗り込んだ。ハマー3両が先導し、また別のハマー3両が後続した。頭上にはブラックホーク3機がバタバタと音を立てて飛んでいた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。