SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィラデルフィア州知事、Willow Grove基地存続を運動
出典 philadelphia inquirer
URL http://www.philly.com/mld/inquirer/news/local/states/pennsylvania/counties/montgomery_county/12509523.htm
原題 Rendell says base will stay active
日時 2005年8月30日
筆者 Marc Schogol
発信地 無し
内容 フィラデルフィア州知事Rendellが第111戦闘航空団(A-10 15機)
のWillowGrove基地からの移転を阻止するため奮闘している。
・目下、基地の閉鎖を避けるため州兵部隊を同基地へ移転する計画を説明。
・BRAC委員会の裁定では基地は閉鎖され、州兵航空団とその他の海軍や海兵の部隊は他基地へ移転する。
・州は基地存続のためフィラデルフィア陸軍州兵に設けられる予定のストライカー旅団の一部もWillowGroveへ移転する。また、空軍州兵のngineering Squardron(1200名)は同基地に留まる。
・現在同基地の現役は1200名予備役5000名、基地への移転により2500名が確保されるがうち何名がフルタイムかは不明。
・航空団の今後は不明だが知事は同基地の滑走路は使用可能で維持と話す。
・国防総省のBRAC委員会に提出した案では同航空団は閉隊となっていたが、
州知事は連邦裁判所に訴訟し、半分連邦で半分州兵である部隊を州知事の同意無しに閉隊することはできないとの判決を得た。同様の訴訟をイリノイ州、コネチカット州も基地存続のため起こしている。BRAC委員会の裁定では
航空機は3機を他の航空団に配分し、残りを用途廃止とすることになっている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。