SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
町起こしと展開部隊のための慈善コンサート
出典 Tacoma News Tribune
URL http://www.thenewstribune.com/news/military/stryker/story/5143748p-4679646c.html
原題 Town rallies to buy gifts for Stryker families
日時 2005年8月31日
筆者 Adam Lynn
発信地 無し
内容 以下全訳

Packwood町のDave Bliss氏は火曜にフォートルイスに贈り物やパーティグッズを届けたが、近隣で寄付を募ることで意気があがったように、ストライカー旅団の兵らの家族の支えにもなることを望んでいる。

Bliss氏はLewis郡の小さな町から、おもちゃ、ゲーム、スポーツ用品、清涼飲料、スポーツ飲料、バーベキュー用コンロ、その他今年夏初めに催された慈善コンサートの収益で購入した品をバン一杯に積んで来た。これらの品は現在イラクに駐留している第25歩兵師団第1旅団の兵らの家族に寄付される。

”私は何か兵の助けをしたかったのです。彼らは相応の尊敬と敬遇を本当のところ受けていない”とBliss氏。”そこで思い当ったのは私は兵が何を必要としているか知らないし、イラクに物を送れるのかも知らないということでした。そこで兵の家族の助けになろうと決めたのです”

旅団長Robert Brown大佐のPatti Brown夫人が兵らの家族を代表して受け取った。彼女は品物ばかりでなく心遣いにも感謝すると述べた。

”社会からの支援なくしてはやっていけません”と夫人。”これはその大きな例です。本当に我々にとって大きな意味があります”

Bliss氏は昨年ガンから回復途上この考えを思いついた。そのころ、彼のスキー用品店White Pass Sportsは少雪で打撃を受けていた。

Packwood町はLewis郡のMount Rainier沿いにあり、同氏によると地域全体のかつての林業町でおなじみの衰退で落ち込んでいるという。

時間はあるので、Bliss氏は地元の助けにもなり、自分が希望を持つことができるような計画を探していた。

氏によると、イラクにいる米軍とその家族を支援するのは当然と思えたとのことだ。


そこで、彼は慈善コンサートを組織し、目玉として伝説的なギター奏者のBo Diddley(訳注 http://en.wikipedia.org/wiki/Bo_Diddley)を呼んだ。
Packwood内外の企業に寄付を出すよう説き伏せた。また、20名以上のボランティアが手伝ってくれることになった。

6月25日、コンサートはthe Packwood Lumber Millで開かれた。観客は1200名を超えた。

Bliss氏はチケットの売上げでコンサートを後援してくれた企業から贈り物にする品を購入した。これには例えばモーテルの無料宿泊券、レストランやスーパー(grocery store)の商品券なども入っている。

大賞はPackwood週末旅行2枚である。

氏は、戦争から戻ったばかりの兵は山でキャンプやハイキングやスキーをして数日間過ごしたくなることもあるだろうと考えている。

贈り物の分配は旅団関係者が行うこととなっている。

”兵のため、町(community)のため、自分のためにしたのです”とBliss氏。”必ずしもその順番というわけではありませんが”
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ECRXgEhdpM
2011/06/10 (金) 09:26:47 | URL | wmabgtc #FTVwC2WM[ 編集]
jBLvTKfNEvXbvb
2011/07/04 (月) 21:08:27 | URL | edjucukc #qO8d24Hs[ 編集]
qnaOZcbLSUVoDlvt
2011/07/22 (金) 07:48:11 | URL | lzwqjwb #4q96Bcd2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。