SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第172SBCT クウェートに到着
出典 アラスカ米陸軍
URL http://www.usarak.army.mil/alaskapost/
原題 Alaska e-Post
日時 2005年9月2日
筆者 陸軍公式サイトに置かれている広報紙
発信地 無し
内容 以下該当記事の全訳 

第172旅団 クウェートに到着

広報員発表

クウェート Camp Buehring
第172ストライカー旅団戦闘団はイラクへの途上となるクウェートへの展開を完結した。

Camp Buehringでは兵らは暑熱に慣れ、武器射撃訓練(weapons marksmanship training)をし、車両と装備を北への行軍に備え、戦域で面する様々な脅威への対抗訓練を受けることとなる。

旅団は後備分遣隊(rear detachment)をフォートウェインライトとフォートリチャードソンに置いており、家族会(family readiness group)とともに活動している。手紙や小包の出し方については後備分遣隊司令に(訳 電話番号省略)連絡を。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。