SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湾岸を通過、被害は予想より軽微
出典 NY Times
URL http://www.nytimes.com/2005/08/29/national/30stormcnd.html
原題 Hurricane Katrina Moves Onshore, Weaker but Still Threatening Havoc
日時 2005年8月29日
筆者 JOSEPH B. TREASTER(ニューオーリンズ)、KATE ZERNIKE
取材協力
Abby Goodnough(アラバマ州MobileとGulfport)
Miss. Duwayne Escobedo(フロリダ州Pensacola)
Marko Georgiev(ニューオーリンズ)
Jeremy Alford(バートンルージュ)
Christine Hauser(ニューヨーク)
Terence Neilan(ニューヨーク)
Vikas Bajajand Thomas J. Lueck(ニューヨーク)
発信地 ニューオーリンズ 8月29日
内容 ハリケーンKatrinaは月曜の夜明けに湾岸で猛威を振るった。ニューオーリンズでは予想されていた破滅的打撃は免れたものの、市の一部で浸水。隣接のミシシッピ州ではボートが転覆、屋根が吹き飛ぶ、主要な沿岸道路の大半が通行不能となるなどの被害が続出。

・Katrinaは午前6時にニューオーリンズを少し東に逸れて上陸。
上陸時点までにカテゴリー5からカテゴリー4へ下がった。風速は時速100マイル以上。高潮は15フィート以上。

・3州で100万名以上が停電。数百マイル離れた高速道路が冠水
・死者は55名以上
ミシシッピ州Harrison郡(GulfportとBiloxiを含む)で50名
救助関係者は水没、崩壊した家屋内でさらに犠牲者が出ることを危惧
・Harrison郡の緊急対応センター(emergency operations center)報道官Jim Pollardによると、Biloxiのアパートで30名が死亡。メキシコ湾からBack Bayへ流れる運河the Industrial Seawayで7名の遺体が発見される。

・保険専門家によるとKatrinaによる被害は90億ドルを超えうるとのこと。
予備調査による被害推定は90億ドルから160億ドルにちらばる。

・湾岸の経済の牽引役である石油産業とカジノへの影響は出ている。

・湾岸で電話、携帯電話が不通となる。
・湾岸の原発3つのうち2つは大きな損傷受けず。ニューオーリンズの西20マイルのWaterfordにある1つは土曜に停止。

・ニューオーリンズ
8時間ハリケーンは猛威を振るった。
ミシシッピ川とPontchartrain湖の水が土手を超えて中心街は洪水。
電柱、樹木が倒れて道路を塞ぎ、電線が切れている。火災も発生。

土手は一つが損傷を受けたが多くは耐えた。
スーパードームには1万名が避難しているが、その屋根15フィートばかりが剥がれて吹き飛ばされた。
St. Bernard区では推定4万軒で浸水。同区の緊急対応センターは完全に水没。市の東部である
Plaquemines、Orleans、St. Bernard、Jefferson、St. Tammanyの各区は強風と洪水で打撃を受けている。
Plaquemines区とTerrebonne区については住民の漁師が避難せず船に留まっている可能性を危惧。

関係筋の推定では市民の80%が強制避難命令により避難。

・Gulfport
5つの病院中3つは緊急治療室(emergency room)が機能せず。
主要な湾岸道路は冠水で通行不能。海岸の家屋が倒壊。

・アラバマ州Mobile(ニューオーリンズの東およそ130マイル)
ルイジアナ州とミシシッピ州からの数千名の避難民で避難所と営業中のホテルは一杯。
 MobileとBaldwin郡の低地地帯は日曜夜までに避難している。
州間高速道路10号線の南側は洪水。
月曜の午後、Mobile中心街道路は冠水。the Mobile Museumのドアの土嚢に水が寄せている。 

・ブッシュ大統領は被災者に大規模な支援を約束。
FEMAは数ヶ月間、損害を調査し持ち家主、企業に数十億ドルを配分する見込み。
アラバマ、ミシシッピ、フロリダでは知事が捜索救難活動を最優先と言明。
洪水と強風で活動が妨げられている。

・ルイジアナ州知事は避難者に安全な場所に居てすぐに自宅に戻らないようにと呼びかけ。

・FEMA長官はハリケーンの通過後に負傷者が最も出ると注意。
切れた電線から漏電している水溜り、チェインソーやガソリン発電機
の使用法を知らずに使うなどに注意を呼びかけた。
 また、州外の消防、災害救助関係者に要請ない限り、現場に行かぬよう
求めた。

FEMAはハリケーン到着までに地域に災害医療支援チーム23個、捜索救難チーム7個を配置。また、発電機、水、氷、MREの備蓄を地域へ輸送。
さらに獣医チーム2個をペット、その他動物の負傷に備えて派遣。

月曜早くの時点で、アラバマ州、ミシシッピ州、ルイジアナ州、フロリダ州、テキサス州の避難所240箇所に5万2千名が避難。その大半はニューオーリンズのSuperdomeにいる。

掠奪の報を受けて知事は警察と州兵を派遣。また、ルイジアナでは一部で
夜間外出禁止令が出ているとのこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。