SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニューオーリンズで洪水が起きる仕組みの解説記事
出典 NY Times
URL http://www.nytimes.com/2005/08/30/national/30coast.html
原題 After Centuries of 'Controlling' Land, Gulf Learns Who's the Boss
日時 2005年8月30日
筆者 CORNELIA DEAN、ANDREW C. REVKIN
発信地 無し
内容 ニューオーリンズのあるミシシッピ川河口の沼沢地帯は同川が
洪水の度に残す堆積物で形成されている。運河、土手、氾濫原などで
同川を制御するようになり堆積物がメキシコ湾に流れ込むようになった
ことで、沼沢地の消失、海岸線の後退などが起きている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。